「1回線目」の入れ替え可能(解約→メイン番号MNPでも無料) 楽天UN-LIMIT

20210622 値下げ eSIM+nanoSIM DSDV の AQUOS sense4 lite OPPO A73 が実質1円に! 端末セットもお得 MNP不要で

超絶お得! 回線のみMNP転入注文で5,000+15,000=20,000ポイント還元!
端末をセットで購入しなくても(出費なく)高額還元です。
【ブログ新記事】
過去最大級のポイント還元率 MNP回線のみ20,000P【楽天モバイル UN-LIMIT】

まだ 楽天モバイル UN-LIMIT に契約したことがない人は、今契約中のサブ回線を 楽天モバイル UN-LIMIT にMNP移行して、「データ通信3か月無料」+「1回線目無料」5,000+15,000=20,000ポイント還元 の特典ゲットをお勧めします。
自分は既に契約して以前の特典をもらっている場合は、家族に勧めて超お得な特典をゲットがお勧めです。
家族が家族の楽天IDでMNP転入により初めて 楽天モバイル UN-LIMIT に(回線のみ)注文・契約する場合は 20,000ポイント還元が適用されます。
端末もセットで注文の場合は、5,000+機種により最大 20,000=25,000ポイント還元で従来と同じ枠組みです。

6月11日 朝8:59まで ポイント増額 5,000P → 7,000P
スマホセットは最大で 20,000P+7,000P=27,000P 還元!
5月に解約した人は、「1回線目無料」 ですので 6月早めに注文・契約で回線・電話番号確保がお勧め。
(月初注文でも月末注文でも 1GB/月までは無料
_それなら早く注文で長く使えた方がお得)
楽天モバイル UN-LIMIT の場合、仮に解約・MNP転出したとしても月を空けずに翌月早々の注文・契約で、常に「1回線」は確保しておくのが賢いお得契約の利用法です。
※毎月データを利用して月額料金を支払っている人も、サブ回線としてもう1回線注文・契約をして 「1回線目無料」 の特典を活かすのが賢い利用方法です。
(データ通信はサブの2回線目の方で行い、1回線目は1GB/月に抑える
_あるいは最初の契約分を一旦MNP転出しつつ、サブに使う回線を「1回線目」として契約、その後に当初の契約番号をMNP転入で2回線目として注文・契約して従来同様に月額料金を払っていく)
いずれにしても毎月「1回線」は無料で維持可能の“スーパーサブ”回線を持てるのが 楽天モバイル UN-LIMIT の料金設計です。

「1年無料」は 4月7日 23:59 受付分で終了しました。
4月8日から プラン料金3カ月無料キャンペーン 開催中です。


楽天モバイル UN-LIMIT のアップグレードにより、1年無料の後でも、「1回線目」に関しては月に 1GBまでなら月額料金無料で音声+データ回線が維持可能となり大きな話題となっています。

ここで疑問、不安となっているのが「1回線目」とはなにか? 解約後にあらためて一つの回線を契約した場合は、その回線が「1回線目」として扱われ 1GBまでなら月額無料となるのかならないのか? という点です。
これに関して公式WEBで回答が出ました!
「1GBまではプラン料金が0円」となる1回線目の基準は何ですか
結論として「1回線目」の入れ替えは可能で、例えば 1年無料で利用の後に解約しあらためて好みの電話番号でMNP転入をした場合でもその回線が「1回線目」として扱われて 1GBまでなら月額無料となります。
これで安心して、(メインの番号をMNPしてではなく)お試し回線として新規発番で「1GB/月まで無料」を試してみることが出来ますね。納得の使い心地ならあらためて MNP転入で好みの番号を「1回線目」とすることが可能ですので。
「1回線目」月1GBまでで無料となるのは、
・Rakuten Link アプリを用いての「通話」(IP電話)と「SMS送信」(ショートメール送信)
・「キャリアメール」(2021年夏頃配布予定)
です。
※「キャリアメール」のインパクトや利用価値は非常に大きく、「国民皆保険」ならぬ「国民皆無料Link通話・キャリアメール」という通信の最低保障・大幅なレベルアップに繋がり得ると思います
_docomo の ahamo 、au の povo 、softbank の linemo (今はキャリアメールなし)にも影響が及ぶ形になるのではないかと捉えます
楽天モバイル UN-LIMIT は、月額料金が無料となりますので(月に 1GBまで)、他の回線を選ぶか楽天モバイルを選ぶかの“択一”的な判断ではなく、+αとして国民すべてが契約しておいて損はない「スーパーサブ」「最高の+α」の回線になると思います。

楽天モバイル UN-LIMIT 回線を活かす意味では nanoSIM+eSIMのDSDVで応用が利く最安機種の OPPO A73 実質 5,800円 等をお勧めします。

“「1回線目」の入れ替え可能(解約→メイン番号MNPでも無料) 楽天UN-LIMIT” の続きを読む

【OCNモバイルONE】予告有り 2月本店セール 2/1~2/17

始まりました!
1円スマホは5機種、本店初1円:Redmi Note 9S 本店初1円:ZenFone Max pro (M2) OPPO A5 2020 moto g8  ZenFone Max (M2)。
OCN モバイル ONE 本店「格安スマホセール」
「OCN電話完全かけ放題オプションリリース記念セール」
2月1日(月)11時 ~ 2月17日(水)11時
当ブログでの紹介記事 は以下です ↓
https://simjp.net/ocn/20210201-1549

今年になって初の OCN モバイル ONE 本店セールの予告がありました。
2月1日(月)11時から2月17日(水)11時まで です。
2月の 1円スマホのラインナップは。
AQUOS sense4 sense4 plus がどこまで安くなるか。
旧モデルの sense3 が千円台、2千円台などなるか。
端末の安値以外に昨春は「モバイル紹介キャンペーン」がありましたが、そうした特別な特典・キャンペーンがあるか。
2月1日のセール開始日に対象機種、価格情報、特典情報等が入りましたら、あらためて別記事としてUP、紹介いたします。
事前に以下のリンクから注文画面に進み、入力項目や画面遷移の確認をしておくと実際の注文でも戸惑わずに安心です。
OCN モバイル ONE での注文には goo  ID (無料)が必須です。事前に登録をしておき goo  ID でログインしての注文だとスムーズに手続きが進められます。

“【OCNモバイルONE】予告有り 2月本店セール 2/1~2/17” の続きを読む

実質0円+α Rakuten Hand おサイフ 1年無料 楽天UN-LIMIT

「1年無料」は 4月7日 23:59 受付分で終了です。 回線だけの注文でお得を確保 をお勧めします。
あれこれ考えること、悩む必要はなく。
まずは「1年無料」を確保して、1年後に考え、変えることが出来ます。
「1回線目」は1年無料後でも 1GB/月までなら月額無料ですが、その「1回線目」は1年後に入れ替えることが可能ですので。
家族にも勧めて、家族全員が各々の楽天IDで 1回線ずつはデータ使い放題・LINK通話無料&夏にはキャリアメールも配布のお得回線を注文・確保するのが良いと思います。
4/7 ギリギリでは混雑・遅延等リスクも有り。お早めに!
急ぎ回線契約はこちら!

Rakuten Hand 売り切れ Rakuten Mini も在庫切れ。
1年無料は 4/7で終了 4月は注文殺到遅延も予想され。
OPPO A73 実質 5,800円 Rakuten BIG 24,800円等を注文・確保が堅実安心か。

3月12日午前 Rakuten Hand 在庫復活です!
お急ぎで注文・確保を

「1年無料」は終了が決定です。 2021年4月7日 23:59 まで。
端末セットのポイント還元が減少となりました。
(A73 お勧め 実質 5,800円 変わらず、他は5千円~1万円割高に)
4/7 「1年無料終了」に向けて特典削減の方向。
Hand の正規在庫復活が間に合えば良いですが、見極めが重要に思います。

Rakuten Hand は売り切れ、他にも注文停止続出。
3月中旬300万回線達成後に販売再開のリスクもあり得。
現状でのお勧めは
実質5,800円 OPPO A73 nanoSIM/eSIM
実質12,800円 AQUOS sense4 lite nanoSIM/eSIM
実質0円 arrows RX nanoSIM 耐衝撃性
実質0円+1,300P Galaxy A7 nanoSIM

楽天モバイル UN-LIMIT では、本日 2021年1月29日の発表会で今夏にはキャリアメールを配布の予定、1年の無料期間後に関しても月 1GBまでに抑えれば月額料金無料で音声+データSIM(キャリアメール)維持が可能との発表がありましたので、いよいよ安心注文のチャンスが巡ってきたように思います。
むしろ、1年無料(300万回線まで無料対象に対して220万回線まで到達の状況)の今のうちに契約をしておかないと損というレベルのお得な回線・提供になったと捉えます。
一つ注意点としては端末を選ぶという点で、SIMフリー機ならどれでも楽天モバイル回線が支障なく使えるわけではありません。
その意味では、専用端末で実用的な小型モデルとして Rakuten Hand の 実質無料セットが売れ筋、お勧めです。
18,182円 税別 20,000円 税込みの初期支払いとなりますが、2月2日 08:59 までの注文で 26,999円相当のポイントが還元されるという特典・サービスとなります。
「実質 0円」と紹介されていますが、0円 無料以上の還元、逆ザヤ(還元額の方が 7千円程多い)となります。
初期費用等に関してもリスクなしに導入が可能です。(昨年提供当初は契約手数料 3,300円 を支払いつつ、ポイントで還元という特典付与の在り様でした。→ 今は初期費用・事務手数料が 0円となり請求自体がなし。)
GW頃には 300万回線到達で 1年無料の特典は終了も有り得るかと思いますので、早めの注文をお勧めします。

“実質0円+α Rakuten Hand おサイフ 1年無料 楽天UN-LIMIT” の続きを読む

機は熟し 1年無料 楽天UN-LIMIT Rakuten Mini 復活 1円!おサイフ

「1年無料」は 4月7日 23:59 受付分で終了です。 回線だけの注文でお得を確保 をお勧めします。
あれこれ考えること、悩む必要はなく。
まずは「1年無料」を確保して、1年後に考え、変えることが出来ます。
「1回線目」は1年無料後でも 1GB/月までなら月額無料ですが、その「1回線目」は1年後に入れ替えることが可能ですので。
家族にも勧めて、家族全員が各々の楽天IDで 1回線ずつはデータ使い放題・LINK通話無料&夏にはキャリアメールも配布のお得回線を注文・確保するのが良いと思います。
4/7 ギリギリでは混雑・遅延等リスクも有り。お早めに!
急ぎ回線契約はこちら!

Rakuten Hand 売り切れ Rakuten Mini も在庫切れ。
1年無料は 4/7で終了 4月は注文殺到遅延も予想され。
OPPO A73 実質 5,800円 Rakuten BIG 24,800円等を注文・確保が堅実安心か。

Rakuten Hand は 3月12日午前 在庫復活です!
Mini は「在庫切れ」のまま

「1年無料」は終了が決定です。 2021年4月7日 23:59 まで。
端末セットのポイント還元が減少となりました。
(A73 お勧め 実質 5,800円 変わらず、他は5千円~1万円割高に)
4/7 「1年無料終了」に向けて特典削減の方向。
Mini の在庫復活が間に合えば良いですが、見極めが重要に思います。

Rakuten Mini は売り切れ、他にも注文停止続出。
3月中旬300万回線達成後に販売再開のリスクもあり得。
現状でのお勧めは
実質5,800円 OPPO A73 nanoSIM/eSIM
実質12,800円 AQUOS sense4 lite nanoSIM/eSIM
実質0円 arrows RX nanoSIM 耐衝撃性
実質0円+1,300P Galaxy A7 nanoSIM

いよいよ好機! 楽天モバイル UN-LIMIT 安心注文のチャンスが巡ってきたように思います。
Rakuten Mini の 1円セット販売も復活で初期費用・リスクなしに導入が可能です。(昨年提供当初は契約手数料 3,300円 を支払いつつ、ポイントで還元という特典付与の在り様でした。→ 今は初期費用・事務手数料が 0円となり請求自体がなし。)
私も2月、3月で Rakuten Mini を注文・契約の予定です。
300万回線まで 1年無料のキャンペーンですが、本日 2021年1月29日の発表会の案内で220万回線とのことですので、3月の年度末セールまでは大丈夫かと。
GW頃には 300万回線到達で 1年無料の特典は終了も有り得るかと思います。(その後に特典復活の可能性もあると思いますが)
1年の無料期間後に関して、月 1GBまでに抑えれば月額料金無料で音声+データSIMの維持が可能で、本年7月にはキャリアメールも配布の予定との発表がありましたので、非常に安心で、1年無料の今のうちに契約をしておかないと損というレベルのお得な回線・提供になったと捉えます。
Rakuten Mini

“機は熟し 1年無料 楽天UN-LIMIT Rakuten Mini 復活 1円!おサイフ” の続きを読む

【OCNモバイルONE】OCNでんわ 完全かけ放題オプション 2/1~

OCN モバイル ONE の電話オプションの最大の特長、メリットは適用方法の変更により「後出しじゃんけん」が可能で、当月の電話発信状況を見極めて月末(最終日は変更出来ません)にどの通話オプション(10分かけほ、トップ3かけほ、完全かけほ、かけほなし)にするかを選択出来る点にあります。
月末段階で選択されている通話オプションに応じて、月初の通話分から月内の通話全てが計算される形となります。
完全かけほのオプション代以上に通話料が掛かりそうな月は、月末最終日前に完全かけほオプションに加入・変更することでオプション代だけに抑えることが出来ます。
通話先が主に3人(3回線)だけでその他はわずかな時間のみの場合は、トップ3かけほオプションの選択により完全かけほオプション代より安く済ませることも可能。
通話・発信が少ない月は、オプションに加入せずOCN半額電話の通話料分を支払う方が最少オプションに加入するより安いという場合もあります。
非常に柔軟に通話料の支払い、オプション選択をコントロールすることが可能となります。
その分、端末等での通話履歴の管理、通話料の計算・分類等が必要にはなりますが。
端末を安く購入出来るのとは別な意味での OCN モバイル ONE 契約の大きなメリットになると思います。
色いろな条件をつけての期間限定、1年だけのオプション料値引きではなく、定価として1,100円 税込みの完全かけほオプション料とすれば、契約者側も長期での計算が出来安心注文・契約にも繋がるものと思い、OCN の対応に期待です。

OCN モバイル ONE では、通話定額オプションとして完全かけ放題のプランが新たに提供されることとなりました。
「OCNでんわ 完全かけ放題オプション」
(オプション月額料金 1,300円 税別 1,430円 税込)
_↓ キャンペーンにエントリーで 300円割り引き12か月
※オプション月額料金 1,000円 税別 1,000円 税込
「OCNでんわ 最大12カ月おトクがつづく完全かけ放題が月額1,000円(税込1,100円)キャンペーン」
2021年2月1日から
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/voice/denwa.html
従来「かけ放題ダブルオプション」月間上位3名の通話料を無料+10分かけ放題として提供されていたプランが価格据え置きで完全かけ放題となる形です。
申し込み日からオプションが適用され、その月の月初の通話分からかけ放題=無料が適用されます。
オプションの適用には「OCNでんわ」のアプリ、あるいはプレフィックス(前番号)が必要となりますが、MVNO における完全かけ放題オプションの価格競争を促進させる意味で歓迎に思います。

“【OCNモバイルONE】OCNでんわ 完全かけ放題オプション 2/1~” の続きを読む

【OCNモバイルONE】計60GB初月無料 1万円キャッシュバック 音声SIM ~1/31

OCN モバイル ONE 本店(公式WEBサイト)では、音声SIMの注文・契約(端末購入は不要)で最大 13,000円(MNP転入&オプション加入で)のキャッシュバックキャンペーンを展開中です。
今から早めの注文で 1月末までのSIM発送なら、1月分30GB+2月分30GBの計60GBで2月が初月無料となります。
(30GBは翌月3月に繰り越し可能
_2月末前に1GB/月等にコース変更により3月からは低料金の請求で利用可能)
年度末の切り替え時期に大容量データ通信を確保しつつのサブ回線(サブの電話番号を持ちつつSMSで認証等も可能)としても総額が安くなり契約しやすい形となりお勧めです。

“【OCNモバイルONE】計60GB初月無料 1万円キャッシュバック 音声SIM ~1/31” の続きを読む

【OCNモバイルONE】本店2月3月セールが本命予想 1月支店セール開始も

2021/1/15 からいわゆるOCN(goo Simseller)支店で 1月セールが始まりました。
「THE BARGAIN」1/15~2/1 です。
OCN モバイル ONE 本店でのセール同時開催はなしです。
例年の傾向としては2月、3月「総決算」のセールが、端末価格だけでなく他の特典等も含めてお得度の大きいセールになりますので、急ぎでない方は2月の本店セールを見極めてからの注文・購入・契約をお勧めします。
“【OCNモバイルONE】本店2月3月セールが本命予想 1月支店セール開始も” の続きを読む