A73 nano+eSIM 5,800円がお勧め 1年無料堅実確保 楽天モバイル UN-LIMIT

「1年無料」は 4月7日 23:59 受付分で終了です。 回線だけの注文でお得を確保 をお勧めします。
あれこれ考えること、悩む必要はなく。
まずは「1年無料」を確保して、1年後に考え、変えることが出来ます。
「1回線目」は1年無料後でも 1GB/月までなら月額無料ですが、その「1回線目」は1年後に入れ替えることが可能ですので。
家族にも勧めて、家族全員が各々の楽天IDで 1回線ずつはデータ使い放題・LINK通話無料&夏にはキャリアメールも配布のお得回線を注文・確保するのが良いと思います。
4/7 ギリギリでは混雑・遅延等リスクも有り。お早めに!
急ぎ回線契約はこちら!

オレンジ 在庫復活も! 買えなくなる前に注文・確保を!

楽天モバイル UN-LIMIT では 2021年3月9日に 300万回線到達となり、データ使い放題「1年無料」の適用が 2021年4月7日注文分で終了となることが決まっています。
その後も 月に 1GBまでは無料(1回線目)で契約が出来ますが、やはりせっかくのチャンスを逃さずデータ使い放題「1年無料」&「端末セットポイント還元」等の特典を活かしてお得に注文・契約をしたいものです。
問題は端末の在庫であり。
お得な「一括 1円」Rakuten Mini は在庫切れ、
「実質 0円」の Rakuten Hand も売り切れとなってます。
そこで、特典を活かしつつ「1年無料」を確保する堅実な一手として OPPO A73 (nanoSIM+eSIMのDSDVで応用が利く最安機種)実質 5,800円 をお勧めします。

「1年無料」終了が決定 2021年4月7日 23:59 注文受付分まで。
これと連動して端末セットのポイント還元が減少となり、紹介特典の終了など売り手市場への転換が見られるところです。
OPPO A73 は 実質 5,800円 で変わらずですが、他は還元ポイント減少により 5千円~1万円割高となっています。

実質 5,800円 OPPO A73 nanoSIM/eSIM
→ 実質 5,800円 ○変わらず

実質12,800円 AQUOS sense4 lite nanoSIM/eSIM
→ 実質 17,800円 5,000円割高に

実質0円 arrows RX nanoSIM 耐衝撃性
→ 実質 10,000円 10,000円割高に

実質0円+1,300P Galaxy A7 nanoSIM
→ 実質 8,700円 10,000円割高に

OPPO A73  実質 5,800円 税込み

端末価格 一括 30,800円 税込み
ポイント還元 25,000円 端末還元 20,000+回線新規 5,000

ネービー ブルー / ダイナミック オレンジ
Snapdragon 662
4GB/64GB
4,000mAh
nanoSIM / eSIM DSDV
Wi-Fi 2.4GHz / 5GHz
USB Type-C
4カメラ

「一括 1円」Rakuten Mini が在庫復活で買えれば良いですが、既に 4月7日の期限までひと月を切っていますので見極め、割り切りも重要に思います。

また実際の使い勝手、応用という意味でも、楽天の専用端末は Rakuten Hand Rakuten Mini に限らず Rakuten BIG も eSIM のみのシングルSIM 機であり、他社の回線を補完的に用いての DSDV(2回線運用)が出来ずに応用が利かない形となります。

その点 OPPO A73 は nanoSIM/eSIM の DSDV 対応ですので、楽天モバイルのSIMを eSIM にセットしつつ、格安SIM等の docomo回線を nanoSIMで差しての回線補完、応用、安心運用が可能です。(逆の組み合わせでもOK)
「1年無料」終了の後に楽天モバイル回線を 1GB/月まで無料で運用するにおいて、安くデータを利用出来る格安SIMとのセット、DSDV対応ならば両社の強み・特色を活かしての好バランス運用が可能となります

同じ DSDV端末でも、nanoSIM+nanoSIM でのDSDV機種とは別に、nanoSIM+eSIM でのDSDV機種は 回線代が安い データ用の eSIMを活用出来るメリットがあり一つ持っておくと重宝に思います。
楽天モバイルは一つの契約・同じプランで nanoSIM も eSIM もどちらも使え、SIM交換料も送料含めて無料ですので非常にフレキシブルで使い勝手が良いです。
今は通信競争の激動期ですが、IIJmio などデータ専用の eSIMが nanoSIM よりも回線代月額が安いという設定もありますので、こうしたお得な eSIM を機動的に活用する意味でも nanoSIM+eSIM の DSDV機は便利に思います。
その意味で、現在の楽天モバイルの端末ラインナップの中では DSDVで最安、しかも nanoSIM+eSIM の OPPO A73 は狙い目の機種、端末に思います。

楽天の三木谷社長は、楽天モバイル UN-LIMIT の損益分岐点を700万回線契約と見通しなどの情報から、当初の「300万回線まで 1年無料」は延長や復活もあるのではないかとの読みもありました。
しかし、2021年1月29日の UN-LIMIT VI グレードアップの発表 → 1GB/月までなら月額料金 0円(1回線目)、夏にはキャリアメールも配布の予定等により状況は一変したと思います。

実際に利用している人の声も一段と広まり、Rakten LINK による無料電話(IP電話 RCS)が思っていた以上に使い勝手が良い、通話音質の面でほとんど支障がない点、楽天回線のエリアが地方も含めて急拡大の様子もあり、十分以上に「使える回線」との評価となっていると見受けます。
1年無料の後も非常に安心で、1年無料が適用される今のうちに契約をしておかないと損というレベルのお得な回線・提供になったと捉えます。

Rakuten Mini

Rakuten Hand


※なお当ブログの情報は、私が実際に店舗・担当者に聞いた話、及び公式WEB等で確認した内容をもとにした、「私の捉え」を案内するものです。
個別の店舗、担当者の誤解や誤説明等、ニュアンス違いなどにより正確ではない捉えになっている場合もあり得ます。
各社における実際の運用、請求等を保証するものではありません。
各自適宜追加の情報検索や直接の確認等を踏まえた上で、よろしいように取り進め下さい。

* * *

OCN モバイル ONE  1円スマホなど端末セットが超お得

IIJmio ギガプラン  3年連続シェアNo.1

楽天モバイル UN-LIMIT   月1GBまで月額永年無料

BIGLOBEモバイル  回線の速度・安定性(格安SIM比較)

ワイモバイル Y!mobile  完全かけ放題最安 ケータイプラン

UQモバイル UQ mobile  1Mbps 高速/低速切替可能

J:COM MOBILE  10GB+1Mbps放題 1,738円

エキサイトモバイル  低速 495円 Fitプラン

mineo マイネオ  1.5Mbps パケット放題(385円)

nuro mobile  3GB 792円

イオンモバイル  安い音声プランもあり

エックスサーバー Xserver  レンタルサーバーなら実績No.1

エックスドメイン Xdomain  格安ドメイン取得サービス

U-NEXT  31日間無料視聴可能 動画数最大級