ahamo通信競争→固定回線代替MVNO戦略 パケット放題 1,050円 mineo リニュアルに期待

mineo (マイネオ) 「パケット放題 Plus」1.5Mbps 385円!
データ回線1GB/月 880円+パケット放題 Plus 1.5Mbps 385円=1,265円 税込み
★月10GBコース以上ならオプション料は無料に
★オプション料 最大2か月無料キャンペーン中
楽天モバイル UN-LIMIT 1回線目無料(月1GBまで) Link通話・SMS送信無料とのセットにより 月1,265円で電話も無料、データ通信(月100GB程も)も無料!

お得な注文方法の案内記事は以下 ↓
月額”初月日割り” データ全量付与を活かし20GB/月注文 24日開通 25日コース変更がお得!【mineo】マイネオ

月額”初月日割り” データ全量付与を活かし20GB/月注文 24日開通 25日コース変更がお得!【mineo】マイネオ




mineo (マイネオ) の初期費用(3,300円)が無料になる AMAZON「エントリーパッケージ」(ダウンロード版) が 2022/1/5 時点で 50円でセール中です。
すぐ mineo の注文・契約をしたい人も、年度末・新年度での注文・契約を予定の人も、一つ買っておいて損はないかと。「エントリーパッケージ」(エントリーコード)に使用期限はありません。(通常は 350円など)
右のリンクから mineo の注文ページに入り、AMAZONから購入後にメールで送られてくる「エントリーコード」を入力して注文手続きを進めれば、初期費用 3,300円が無料となりお得に契約が出来ます。

やはり mineo (マイネオ) 「パケット放題 Plus」1.5Mbps 拡充来ました!
データ回線1GB/月 880円+パケット放題 Plus 1.5Mbps 385円=1,265円 税込み
★月10GBコース以上ならオプション料は無料に
★オプション料 3か月無料キャンペーン中 8/31まで
mineo(マイネオ)「低速使い放題」の底上げで 1.5Mbps出の通信可能。3日で 10GBの制限は有りますが、月100GB程利用が可能な設定であり十分使いこなし可能に思います。
あらためて最低料金の引き下げに期待。
音声1GB/月 1,298円 → 770円 など
データ1GB/月 880円 → 660円 など


やはり mineo (マイネオ) 「パケット放題」1Mbps 拡充来ました!
期間限定ながら 1.5Mbpsサービスも。
その後もレギュラー化を期待!
通信の競争が新たな段階に入り
・低速 1Mbps パケット・データ使い放題
が基本条件になってきています。
次の競争は、1Mbps を安く!という方向もありますが、
・他社が 1Mbps なら当社は 1.5Mbps、2Mbps です!
という低速水準の底上げの方向です。
おそらく mineo は、1Mbps と 1.5Mbps の両方で実際のトラフィックを試してみて、大丈夫そうなら 1.5Mbps に「パケット放題」オプションをグレードアップする方向での期間限定提案と見ます。
4月27日までの短期だけで終わるのではなく、最低でも 1Mbps に拡充の上でレギュラー化がなされるものと期待します。
注文のチャンスですね。

J:COM MOBILE 1Mbps の安値引き下げ・競争促進
10GB/月+1Mbpsで月額1,580円 税別(1年目)
これが良い刺激となって他の MVNO やサブブランド、ahamo 、povo 等にも波及して値下げ、条件充実に期待です

正直ガッカリ 失望の記者発表でした
mineo (マイネオ) 新プラン「マイピタ」
最安値を値上げの改悪
データSIM 500MB/月 700円+500Mbps パケット放題 350円=1,050円
→ データSIM 1GB/月 800円+500Mbps パケット放題 350円=1,150円
※待望の 1Mbpsパケット放題はなし
今後 OCN モバイル ONE からの新提案等に期待したいところです。

【速報】記者発表あり mineo (マイネオ) 2021/1/27 水 14時~
1Mbps 「パケ放題」オプション拡充あるか。
ahamo の発表によりあらためて本格化した通信競争における MVNO の対応方向が示されるようなオンライン記者発表となる可能性もあり。
期待して注目したいところです。
https://www.youtube.com/user/mineoofficial

2020年12月3日に NTT docomo から新プラン ahamo(アハモ)が発表されました。非常に破壊力・波及力のあるプラン提案で大歓迎に思います。
早速、翌日12月4日には日本通信から対抗プランが発表され、またその後の auのプラン発表では失望が広がり株価も低落など、いよいよ通信の競合、競争が本格的に始まった感じです。
そうした中、 ahamo(アハモ)の登場によって既存のMVNO(いわゆる格安SIM)は終わりとか、蚊帳の外などの捉え方も出ている様子ですが、私は別の見方をしています。
例えば、 mineo (マイネオ)は既に「パケット放題」500kbps 350円/月のオプションを提案・運営中ですが、これを1Mbps、あるいは800kbps、700kbps(月100GB まで)などのリニュアルにより契約数を大きく伸ばす可能性もあると思い、大いに期待しているところです。

ahamo(アハモ)の提案による通信の競争促進には色いろな面、要素があり、それぞれの優先ポイントにより評価や見通しも違ってくると思います。
私は、俯瞰的な捉えとして、「固定回線から無線回線、それもスマホに置き換えられていく流れ」という面に着目しています。
・固定回線(ADSL・CATV → 光) + 無線携帯
_
・ポケットWifi(WiMAX等) + 無線携帯
_
・無線携帯(各人所有&テザリングで固定回線不要に)

mineo(マイネオ)
“ahamo通信競争→固定回線代替MVNO戦略 パケット放題 1,050円 mineo リニュアルに期待” の続きを読む